うえっ!? 見つけた時の、対処方法はふたつ!

何気なく見つけてしまった陰毛の白髪…。1本なら、たまたまかと思えるかもしれませんが、数本、あるいは十本以上となると、ちょっと気になりますよね。

 

もし、彼氏や彼女、旦那様やパートナーにみられたら嫌ですし、相手の気持も萎えてしまうかもしれません。50代ならまだしも、それよりもっと若いのだからショックなはずです。

 

対策方法として、とりあえず、1〜2本なら抜いてしまうというのもありかもしれません。だけど、それ以上なら避けたほうがいいです。よく女性がワキ毛などのムダ毛を抜くとブツブツができたり、黒ずんできたりしますよね。

 

陰毛は、ワキよりはるかにデリケートな部分。

 

実際に、陰毛をちょっとだけ引っ張ってみればわかる通り、局部のお肌に相当のダメージを与えます。その上、抜いても抜いても、すぐにまた生えてきます。

 

脱毛器
雑誌の記事に載っている脱毛器も、デリケートなアンダーヘアーには…。

 

選択肢はふたつだけ。放置するか、染めるかです。もし、染める場合は、陰毛専用の白髪染めはありませんので、毛髪用の毛染めを代用することになります。そこで、次の点に注意です。

 

それは、デリケートゾーンに使用するため、限りなく刺激の弱い天然成分・無添加のものを使うことです。副作用を防ぐため、ドラッグストアで安く売っている頭髪用の白髪染めは避けたほうがいいでしょう。

 

天然成分で無添加といえば、ルプルプ(LPLP)と利尻ヘアカラートリートメントが有名です。

 

ルプルプは植物由来の天然成分を使用していて、容器もかわいいトリートメントのようなデザインで目立ちません!

 

白髪染めを使った手

 

使い方ですが、お風呂で気になる陰毛部分になじませて10分。あとは流すだけですのでとっても簡単。手の汚れも、上の写真のように簡単に落ちます。

 

 

ルプルプの詳細ページはこちら。

 

 

 

利尻ヘアカラートリートメントもルプルプとほとんど同じイメージ。わたしの個人的なイメージですが、ルプルプが20代〜30代になんとなくおすすめで、利尻ヘアカラートリートメントは40代以降という感じでしょうか。

 

利尻ヘアカラートリートメントの詳細ページはこちら。

 

 

とにかく、どちらも、低刺激で、染めるときの嫌なニオイもしません。

 

染めるのもカンタンで、お風呂に入ったついでに、陰毛に白髪染めを塗ってなじませ、10分ほど放置。あとは洗い流すだけ。

 

詳細ページを見てもらえばわかる通り、ボトルも普通のトリートメントなので、家族にバレることなく、入浴時間中に染められます。ついでに、髪の毛の気になる白髪も染められますね(というか、本当はそのためのものだけど…)。

 

ということで、とりあえず1本持っていて損はしないと思います。

 

頭の白髪であれば、美容院に行ってヘアカラーリングできますが、残念ながらデリケートゾーン用はありませんからね。なお、利尻ヘアカラートリートメントとルプルプを最初に使用するときは、念のために毛先でパッチテストをされることをおすすめします。

 

さとさん

 

陰毛の白髪を脱毛できる唯一の脱毛方法とは?

陰毛の白髪対処法として、毛抜きやシェーバーやヒートカッターで自己処理することはおすすめできません。

 

陰部の皮膚トラブルの原因になりますし、またすぐ生えてくるので、根本的な悩みの解決方法ではないことがその理由です。また、本数が多いととても大変です。

 

陰毛の白髪の根本的な処理方法は、プロにお任せすることですが、もし白髪を脱毛サロンや皮膚科などで処理したい場合は、注意点があります。

 

脱毛サロンや脱毛クリニックには、ハイジニーナ脱毛や、VIOラインを処理するVIO脱毛がありますが、こういった医療機関でのレーザー脱毛や、エステや脱毛サロンでの光脱毛は、基本的には白髪に効果がありません。

 

 

なぜなら、レーザー脱毛や光脱毛は、発毛指令を出す色素細胞を破壊するために、黒い色のメラニン色素細胞自体に反応する働きがあるからです。このため、黒いメラニン色素が元々ない白毛には反応しないのです。

 

 

そこで、TBCのスーパー脱毛が、白髪を脱毛できる唯一の脱毛方法となります。

 

スーパー脱毛とは、ニードル脱毛(電気脱毛、針脱毛ともいう)のことで、微弱電流によって毛根の根元の毛母細胞を直接処理していく方法です。これにより、永久脱毛効果、すなわち一度処理した毛穴から二度と毛が生えてこない効果が得られます。

 

また、人間の体毛には毛周期というものがあり、脱毛は成長期の毛である成長毛しか処理できません。退行期の退行毛には効果がないため、時間がかかってしまうのです。

 

陰毛の白髪を処理するには…続きを読む

 

日々の生活を振り返ってみよう

 

まだ若いのに、髪の毛に白髪を発見してショック!という経験がある方も多いかと思いますが、実は陰毛に白髪を発見したことがあるという方もいるようです。

 

ここも白髪が生えるのか!と衝撃を受けると共に、人に言えずに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。白髪といえば老化現象の前兆というイメージですが、陰毛の白髪の原因は何なのでしょうか。

 

実は色々ある陰毛の白髪の原因。それについて紹介します。

 

 

 

arrowそもそも白髪が出来るメカニズムは、髪の毛も、陰毛も同じです。髪の毛は元々白いのですが、メラノサイトという細胞で作られたメラニン色素という黒い色の成分が入ることで黒くなります。メラノサイト細胞が機能しなくなることで白髪が出来るのですが、その原因はいくつか考えられます。

 

  1. 原因の一つ目は、老化です。最もポピュラーで皆さんがイメージする原因だと思いますが、加齢による老化は成長ホルモンの減少でメラニン色素を作る酵素も減少させるので、髪が黒くならず白髪が出来てしまうのです。
  2.  

  3. 二つ目は、ストレスです。ストレスは自律神経の乱れを引き起こすので、体毛にもダメージを与えます。
  4.  

  5. 三つ目の原因は、遺伝です。家族にも白髪の人が多い場合は、メラノサイトが機能しにくくなる家系という可能性も考えられます。
  6.  

  7. 四つ目の原因は、栄養不足です。正常にメラニン色素を作るためには、ミネラルやビタミン、アミノ酸が必要になります。食生活が乱れて栄養不足になるとこれらの栄養素が足りず、メラニン色素が作られなくなるので白髪が出来てしまいます。
  8.  

  9. 五つ目の原因は、生活習慣の乱れです。不規則な生活で睡眠不足の状態が続く等、生活習慣が乱れると自律神経が乱れます。ストレスと同じく、自律神経の乱れは新陳代謝やホルモンバランスの乱れ、血流量の不足、血行の悪化を招くので体毛にダメージを与えます。

 

このように、陰毛の白髪は老化だけでなく、ストレスや栄養不足等、様々な原因があります。白髪を見つけてショック!という方は、思い当たる原因がないか、日々の生活を振り返ってみましょう。

陰毛の白髪は、何歳くらいで?

髪の毛に白髪が生え始め、年齢を感じてショックを受けるという方もいますが、中には陰毛に白髪を見つけた…もしくは恋人や家族から陰毛の白髪を見つけられてショックを受けたというケースもあるようです。

 

髪の毛の白髪は白髪染めも手軽に手に入りますし、気軽に周りに相談もしやすいですが、陰毛に白髪が生える等のアンダーヘア事情はなかなか周りや友人にも相談しにくいですよね。

 

陰毛の白髪は、他人が生えているのかどうかがわからないものなので、生えている人は自分が一般的に生えるのが早い方なのかと気になってしまいがちです。そこで、陰毛の白髪は何歳くらいで生えるものなのか紹介します。

 

 

arrow陰毛の白髪も髪の毛の白髪とメカニズムは同じで、白髪が生え始める平均的な年齢は40歳前後と言われています。

 

ただ、髪の毛の白髪が、若い時から生えている若年性白髪の人や、年をとってからも黒々とした髪の毛の人がいるように、人によって白髪が生え始める年齢に差はあります。

 

中には、20代前半で陰毛に白髪が生え始め、悩んでいるという人もいるようです。

 

プレ更年期など、ある程度年齢を重ねてから生えた場合は、年齢的に仕方がないと納得もできるようですが、20代や30歳前後で生えてきた人は特にショックを受けがちです。

 

髪の毛には白髪が生えていないのに、陰毛から白髪が生えてきたという人もいます。

 

陰毛の白髪を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

 

陰毛の白髪の予防方法

shiraga

 

陰毛の白髪の原因は、老化だけでなくストレス、栄養不足、血流量の不足、生活習慣の乱れ、遺伝等、様々な原因が考えられます。

 

平均的な年齢より早く陰毛の白髪が生え始めた場合は、ストレス等の精神的な要因のサインか、食生活等が原因かもしれないので、日々の生活を見直すと良いかもしれません。

 

現代社会では、特に20代から30代は環境が変わったり、仕事や子育て等でストレスにさらされやすい時期と言えます。

 

陰毛の白髪を見つけ、自分も年を取ってしまったのか…と心配して落ち込む気持ちになるよりも、更年期障害や老化以外の思い当たる原因を自分自身で考え、少しでも改善できるよう健康的な生活を心がけるようにしましょう。

 

そのことが白髪予防だけでなく、イコール病気予防にもなります。たとえば、便秘やがん予防などの疾患を防ぐことにもつながるのです。

 

具体的な白髪の予防法は?

  • 食事や食べ物で栄養不足を改善する
  • 海藻類は昔から毛髪に良いといわれています。亜鉛を多く含んだカキや、アーモンドなどの銅ミネラルも白髪予防になるといわれています。低速ジューサーを使って、髪の健康を保つビタミンAなどを含むにんじんジュースを作るのもおすすめです。

     

    また、チーズや鰹節などに豊富に含まれるチロシンは、チロシナーゼとよばれる酵素が働きかけると黒色メラニン色素生成が起きるので、黒い毛をキープするのに役立ちます。

     

  • サプリメントを摂る
  • 毛量が減る薄毛や白髪対策には、「ブラックサプリEX」などのサプリ商品を利用すると、毛髪に効果的な銅ミネラルや亜鉛などを摂取できます。

     

  • 育毛剤を使用する
  • 長期的な白髪予防法ではありますが、育毛剤で血行促進して白髪を改善できる場合もあります。

     

  • ストレス発散方法を見つける
  • スポーツはストレス発散につながります。保養地などの場所に行き、温泉に入って血行を良くすることも、白髪予防になる上リラックス効果があります。

     

 

応急処置

応急処置のつもりで、もし毛抜きなどで陰毛を抜くと、毛根の毛穴に雑菌が入って炎症などの症状を起こし、埋没毛や毛嚢炎(毛包炎)になって、最後には粉瘤になる場合もあります。

 

どうしても応急処置として抜きたくなった場合は、抜く代わりに、ハサミでカットするほうがマシです。ただし、陰毛の毛先が断面的になるため、チクチクとして旦那さんや彼氏には嫌がられるかも。

 

下着を突き出して、ポツポツとはみ出る可能性もあります。やはり、染めてしまうのがおすすめです。