ヘアカラーとヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い

白髪のヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントの違い

髪や肌へのダメージと長持ちさで決める

髪に白髪がまじっていると年令以上に老けた印象になってしまうため、気にしている方は多いと思います。

 

「ヘアカラー」や「ヘアマニキュア」、または「カラートリートメント」など、染毛剤にはいくつかの種類がありますが、どれを選ぶとよいのでしょうか。それぞれの特徴をまとめました。

 

白髪が多い方や、または色を長くもたせたい方にはヘアカラーがおすすめです。これはいわゆる白髪染めです。アルカリ剤を含んでおり、薬剤で髪表面のキューティクルを分解して髪の内部に染料を浸透させて染める仕組みです。

 

内側から染めるので染料が抜けづらく、1〜2ヵ月程度は色が持ちます。デメリットは髪が傷んでしまうこと。前述のようにキューティクルを分解するため、染めたあと髪につやがなくなったり、指どおりが悪くなる、ぱさつくなど、髪質が悪くなってしまいます。

 

髪が真っ白の女性

 

一方、ヘアマニキュアは髪の表面を染めるタイプの染毛剤です。ヘアカラーと違って表面に色を乗せるだけなので髪へのダメージは少なく、コーティング剤が入っているためキューティクルを保護する効果もあります。しかし色落ちが早く、2〜3週間で染め直さなくてはならないというデメリットがあります。

 

ヘアカラートリートメントは、トリートメントに染料を配合したもので、使ううちに徐々に髪に染料が染み付いていくものです。文字通りトリートメント剤なので髪へのダメージはほとんど気にする必要はありません。シャンプーのときに使用するだけというお手軽さが魅力ですが、きちんと染まるまでにはある程度継続して使用する必要があります。ちなみに陰毛の白髪を染めるなら、肌へのダメージの少ないヘアカラートリートメントがおすすめのひとつです。