キューティクルを分解、つやや滑らかさが…

カラーリングしたあとで、髪がごわごわしたり、ぱさついたりすることはよくありますよね。特にヘアカラー、白髪染めなどと呼ばれるタイプのカラーリング剤は、ダメージを強く感じるのではないでしょうか。

 

これは、ヘアカラーに配合されているアルカリ剤のせいです。

 

アルカリにはタンパク質を分解する作用がありますが、これで髪の表面を覆っているキューティクルを分解し、髪の内部に染料を浸透させます。しかし、キューティクルはよく知られているように、髪のつややなめらかさを保つものですから、薬剤で分解されてしまうと、いわゆるダメージヘアの状態になってしまいます。

 

そのため、カラーリング直後のケアはとても大切。正しいケアをすることで、髪や陰毛のダメージが違ってきます。

 

まず染毛剤のアルカリ剤が残っているとタンパク質を侵食し続けることになりますから、カラーリング剤は丹念に洗い流します。

 

シャワーでカラーリング剤をよく洗い流す

 

ただしいきなりのシャンプーは刺激が強すぎます。まずはぬるま湯で色が落ちてこなくなるまで繰り返しすすぎますが、このときもごしごし乱暴に洗うのは禁物です。キューティクルはもともと濡れるとはがれやすくなる性質があります。さらに薬剤で荒れていますから、強く洗うとかえって痛んでしまいます。

 

すすぎのあとのシャンプーはアミノ酸系のものが、ダメージを補修してくれるのでおすすめです。コンディショナーもダメージヘア用を使うと、カラーリングで髪から失われた各成分を補給することができます。

 

シャンプー後はタオルで包んで水分を取り、低温のドライヤーで早めに乾燥しましょう。