トリートメントタイプの白髪染めのメリット

shiraga

人によって白髪が生え始める年齢に差はあるものの、大体40歳前後くらいと言われています。しかし、20代等の若いうちから白髪に悩んでいる人もいます。白髪を見つけたり、誰かに発見されたりすると、なんだか年をとってしまったように感じてショックですよね。若々しく見えるように、白髪が目立たないよう染める人も多いと思いますが、白髪染めは面倒…という人も多いのではないでしょうか。染めても生え際等の白髪がすぐに気になり始めるということが多いようです。その度に美容院に行くのは時間も経済的にも大変ですし、かといって自宅で一般的な白髪染めの薬剤を使って染めるのは、周りを液で汚さないよう新聞紙をひいたり手袋をしたりと、準備が大変で手間がかかります。

 

arrowそこで注目されている白髪染めの方法が、トリートメントタイプの白髪染めです。トリートメントタイプの白髪染めは、「あまり染まらないのでは?」となんとなく染まり具合の効果に不安を持っている人もいるかもしれません。確かに、染める力や染めた後の持続力は一般的な白髪染めに比べると落ちます。しかし、その分トリートメントタイプの白髪染めにはメリットがあります。

 

メリットの一つ目は、肌や髪への刺激が少なく、髪が痛みにくいということです。薬剤を使用した白髪染めは、染まる力が強い分髪へのダメージもあります。トリートメントタイプなら髪を保護しながら白髪染めが出来るので、痛みを気にしてトリートメントを別に購入する必要がなく、経済的なのも魅力です。

 

二つ目のメリットは、手軽に染められるということです。刺激が少なくトリートメント代わりに使えるので、手袋をつけずに素手で髪に塗ることが出来ます。塗った後の放置時間はメーカーによって異なりますが、10分程のものが多いので手間も時間もあまりかからないところが良いですね。持続力や染まる力が心配でも、気になった時にすぐ使える手軽さがあるので問題ありません。

 

このように、トリートメントタイプの白髪染めはお肌に優しいので、ダメージが気になる部分の白髪にお勧めです。